新着情報

血統予想(2)

今回は、前回に引き続き血統のデータについて、正月に検証してみたので、報告します。

2000年位からの結果データから、上位入賞馬の親の繁殖登録番号を集計するプログラムを試してみました。

はじめは、やたら産駒マスタにないないないと言われたので、34万件ある産駒マスタを確認してみたら、2002位からしかない?

提供時期がその位なのかなーーと思いつつ作業続行、無いデータはスキップして集計しました。

集計データを見ると、父より母のデータが3倍くらいある(生むのが大変なんだな・・)、データの領域は10000件位用意したのだが、15年分で多くて4000件位な感じでした。

処理時間も10分位掛かりましたが、50000レースX出走馬の検索にしては割と早いと思います。

そのデータをFunaUmaから見れるようにしたのですが・・・

ACCESSを使っているので表示する時、一瞬止まりますが、無事表示されました。

ただ、期待に反して、あまり予想には使えないと感じでしたので、この機能の搭載は止めました。

なんか、オカルトぼかったです。

フナ

2015/01/11 開発のぐち   funa